マツタケの国産品と輸入品の違いを紹介します

秋といえば、食欲の秋・芸術の秋・スポーツの秋などがありますが、私は暑くもなく、寒くもない秋が好きです。

日本ではお米やいろいろな野菜や果物が旬の時期を迎えます。

秋の味覚の代表といえば、マツタケを連想する人も多くいるでしょう。

そこで今回は、マツタケの国産品と輸入品の違いなどについて取り上げてみたいと思います。

マツタケの国産品と輸入品に最も大きな違いは、何といっても香りの違いではないでしょうか。香りはマツタケそのものの種類の違いや、その土地の気候、栽培方法の違いなどが顕著に表れます。さらに、輸送に時間を要することも国産品と輸入品との違いがはっきりわかります。マツタケ特有の芳香成分が僅かな日数でも半減するといわれています。

また、かさが開いたマツタケは輸送中に壊れてしまう恐れがあるため、つぼみの段階で摘み取られる場合があります。マツタケはかさが開いてしまうと強い香りを発する習性があるので、輸送中に香りが他のものに移ってしまいます。

さらに香りが他のものに移ってしまうと、マツタケ自体の香りも薄くなっていくのです。

秋の味覚に代表されるマツタケは、シーズン中には一度は口にしたい一品です。

香りの芳ばしい国産品のマツタケは、値札を見るとなかなか手の出せない高級なきのこです。しかし、価格の安さが魅力の輸入品のマツタケは、香りや栄養成分に多少の違いはあるものの、それほど気にしなければ、庶民にとっては有り難い存在でしょう。https://www.foosquare.com/datsumolabo-kao/

マツタケの国産品と輸入品の違いを紹介します